ようこそおいでくださいました のんびりのんびりEorzeaの世界を楽しみたいと思います

盾不足が深刻かもしれない

毎朝寒いしか言ってない気がします。しかも今日は大寒(‘∇’)
寒いという割にあたしは小さいころから靴下を履くのが嫌いで、素足だったりします。
寒い朝、お洗濯干すときにも素足です。
結構気持ちいいんですよ(‘∇’)

昨年11月上旬にコルタナとってます。
この時のあたしが何故コルタナとろうと思い立ったかといえば、盾不足だから。
この一言に尽きるんですよね~。
盾待つんなら、自分が盾したら早いと思ったんです。単純ですが。

では、何故あたしが盾してないのかということ。
ハンパなく緊張するんです。

だってねぇ、アレよ(‘∇’)?
盾は攻略知ってて当たり前な風潮ないですか(‘∇’)?
IDに行って盾が「初見です」と言おうものならなんだか急に不安になったりしてませんか(‘∇’)?

IDに盾で行った時、事前に情報調べるのは当たり前な感じだし、先導もたついたりするとDPSさんがMOBつっちゃったりしてヒーラーの方が慌ててケアル、結果MOBはヒーラーまっしぐら。
こんなことがあったりするともぅねぇ(´・ω・`)
ちょっとまってーって何度心の中で思ったことか知れません。
あたしが特別どんくさいのもあるのかもしれませんが。

アビ使うとき、剣をくるぅ~っと回したりする姿が格好良くてちょっと憧れちゃったりしましたけど、やっぱり無理なのかなぁってね。

だから初見ですってIDに入ってくる盾職の方を見かけると、なんだか他人事じゃなくてとっても応援したい気持ちになります。

少しだけでいいんですよね。少しだけ盾さんを暖かく見守ってあげて下さい。
こう言っては角がたってしまうかもしれませんが、盾不足の原因のひとつには我々DPSやヒーラーも一因あるんじゃないかしら。

最初は誰でも上手に出来るとは限りません。
それでも少しずつ上達すればそれは素晴らしいことだと思います。

IDで、この盾さん緊張でばっきばきじゃない?って思ったらアホな話を振ったりしちゃいます。
りらぁ~っくすりらぁ~っくす。
ゲームなんだし肩の力抜きましょ(‘∇’)

何が言いたいのかわからなくなっちゃってますけど、要するにIDで初見盾さんと出会ったらゆっくりペースで和やかムードを心がけちゃいませんか(‘∇’)

という呼びかけだったりして。

momo

momo

†FF14レガシープレイヤーです
何かを検証することは苦手とってもきままに遊んでいます
母娘でMasamuneにいます
見かけたら気軽に声かけてね('∇')ノ

FOLLOW

カテゴリー:

4 件のコメント

  1. 名無しさん、コメントありがと(‘∇’)
    んーなんていうか、1匹だからどうということではないんですよね~
    1匹だろうと複数MOBがいるダンジョンだろうとあたしの場合緊張感は同じですね。

  2. 私は魔法好きなので黒目指して新生からスタート(MMOデビュー)しましたがFFっぽくナイトやってみよ〜なんてノリで黒カンスト後、ナイトを始めてすっかりメインどっち!?みたいになっている今日この頃です(・ω・)
    しかしながら4人コンテンツには慣れましたが8人コンテンツとなるとまだまだ緊張します(⌒-⌒; )
    4人コンテンツでも初見をナイトで!という気持ちにはなれません(ーー;)
    それはひとえに盾に対する厳しい視線を感じるからです(−_−;)
    ネット上で、下手、理解してないやつ、初見来るな、みたいな書き込みをしているのは一部の方だけなのかもしれませんが、見かけると心理的に被害妄想レベルで気にしてしまいます(´・_・`)
    私も同じように少しでもいいんで暖かく見守ってもらえる雰囲気になればいいなって思います(/ _ ; )

  3. ようこそ!
    私も魔法好きです(‘∇’)vそして新生からのMMOデビューおめでとうさまです!
    自分のペースで楽しみましょ♪
    4人PTだと盾は1人ですから自分の手本となる人を見ることが出来ません。
    こうでいいのかな?どうなのかな?PTメンバー無口だし、、、
    何も文句言われないから大丈夫なのかな?
    とまあ、常に不安が付きまといます。
    ”見かけると心理的に被害妄想レベルで気にしてしまいます”
    これ!これすっごいよくわかります!
    親しき人とのPTならば、今の大丈夫でした?と聞けますけど、完全野良なCFだとしり込みしちゃいますよね~。
    ”慣れちゃえば盾ほど楽な職はないよー”とよく聞きます。
    慣れるまでがとっても大変なんですよね~おもに精神面で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です